歯医者に行けないときの応急処置

歯医者がやっていない時間に歯が突然痛くなってしまったときに痛みが我慢できないときには、応急処置をして、痛みを和らげることがお勧めです。まず、ずきずき痛む場合には、患部を冷やすと、ある程度効果があります。痛い方の頬をアイスパックや袋に入れた氷などで冷やします。頭痛薬にもお勧めです。頭痛薬には、効能に歯痛と書いてあるものがあるので、それを利用することで、痛みを和らげることができます。歯磨きをして食べかすを除去するだけでも、歯痛は多少おつつきます。これらの方法で歯医者にいけるまで応急処置をすることがお勧めです。

歯医者の検診のメリット

歯医者に通うことについて、最近は予防の概念が浸透しつつ有り、検診に力を入れている医院が多くなってきています。しかし痛くなってから行くという方がまだ多いのが現状です。歯科の治療のほとんどが悪くなればなるほど、通う期間が長くなってしまい、その結果かかる費用も多くなってしまいます。検診により早期発見・早期治療ができれば短い期間で済むことがほとんどなので、痛みがないうちに歯医者に行くことが大事になってきます。忙しくてなかなかいう人ほど早めの治療が大事になってくるので1年に1度でも良いので診てもらうと安心です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科、保険適用になる矯正とは All rights reserved