歯科医師になるための道

歯科医師になるためには大学進学の段階から考えていく必要があります。大学の歯学部に入ることができるように勉強をしていきます。そして歯学部に入ったら、専門的な勉強をしていくことになります。実習や実験などもあり、6年間で多くを学ぶことになります。そして、大学を卒業するころに国家試験を受けることになります。国家試験に合格したら、一年間の研修医としての生活を送ることになります。そして、一人前の歯科医師として働くことができるようになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科、保険適用になる矯正とは All rights reserved