矯正歯科で使われるマウスピース

矯正歯科で使われる装置は、金属のワイヤーが一般的です。昔からある方法なので治す効果は高いですが、見た目に問題がありました。そこで、透明なマウスピースを使った治療方法が登場しました。歯が動くように設計されていて、2週間おきに新しいものに交換していくことで、きれいな歯並びになります。自分で取り外しができるので、食事や歯磨きの際はいつも通りに過ごせるという、今までにない矯正歯科の治療法として注目を集めています。透明なので、装着していても目立つことがなく、接客業など人前に立つお仕事の人でも治療を受けることが可能です。

歯科矯正は人付き合いの為にも

歯並びが悪く悩んでいる人には、歯科矯正をして綺麗な歯に戻す事が大切です。人と接する時や話をする時の印象が悪く思われてしまう時があるので、綺麗な歯並びを綺麗にして、良い印象を与える事が出来るのです。歯並びが悪いだけで、生活習慣が悪いなど思われがちなので、綺麗な歯を取り戻す為にも歯科矯正が必要になります。治療方法は、数種類あり、選ぶ事ができるのですが、一般的なワイヤー治療をしますと、治療をしている期間が見栄えが悪くなってしまうのです。治療を気づかれないマウスピース型の治療もあるので、希望にそって行う事ができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科、保険適用になる矯正とは All rights reserved