歯の裏側に行う歯科矯正

歯科矯正では、歯にワイヤーなどの装置を付けることで歯並びをきれいにしていきます。歯の表面に付けるのが一般的ですが、装置が他の人から見えてしまうので、接客業など人の前に出る職業の人には抵抗を感じてしまうことがあります。歯科矯正をしたくても、目立つのが嫌な人のために、歯の裏側に装置を付ける方法があります。目立つことなく歯並びがきれいにするための治療を受けることができます。期間などは表側に付けた場合とそれほど変わらないため、様々なメリットがあります。お口の状態に合わせて装置を選ぶことができるので、患者さん主体の治療ができます。

歯並びを矯正して健康な歯を作り

人が歯を失う原因で一番多いのは歯周病と言われています。それを防ぐためには丁寧なブラッシングや定期的な検診を受けることが必要です。しかし、歯並びが悪いとなかなか難しい面が生じてきます。歯並びの悪さは虫歯や歯周病のリスクをおうだけでなく、噛み合わせやその他さまざまなトラブルの原因ともなります。それを回避するために歯列矯正を行う人が増えてきています。歯科を受診し、適切な時期に、適切な治療を受けることが必要になってきます。症状に応じて方法も変わってきますので歯科医師にアドバイスを求めるのがよいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科、保険適用になる矯正とは All rights reserved